会津若松 スカイプ出会い 外国人 なごや

【会津若松 スカイプ出会い 外国人 なごや】先月インタビューを成功したのは、ズバリ、いつもはステマのパートをしている五人の学生!
顔を揃えたのは、メンズキャバクラでキャストとして働くAさん、この春から大学進学したBさん、芸術家のCさん会津若松、某音楽プロダクションに所属していたDさんなごや、コメディアンを目指すEさんの五人です。
筆者「まず最初にスカイプ出会い、やり出すキッカケから尋ねてみましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(メンズクラブ勤務)「ボクは、女性の気持ちが分からなくて始め方がわかりませんでした」

会津若松 スカイプ出会い 外国人 なごやはお見合い?

B(貧乏学生)「小生は、ガッツリ儲けなくてもいいと考えて始めましたね」
C(シンガー)「自分は外国人、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんで丸っきり稼げないんですよ。大物になる為には光の当たらない所からこつこつ下積みするのが一番なんで、外国人、こうしたバイトもやって、なごやひとまずアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「小生は、○○って音楽プロダクションで音楽家を夢見てがんばってるんですが、会津若松一回の出演でわずか500円しか貰えないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(ピン芸人)「実のところ、うちもDさんと近い感じで、コントやって一回ほんの数百円の侘しい生活してるんです。先輩が紹介してくださって、サクラの仕事を開始することになりました」

会津若松 スカイプ出会い 外国人 なごやの印象とは

たまげたことに、スカイプ出会い五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に未所属という素晴らしいメンバーでした…、ところが話を伺ってみるとどうやら、五人にはサクラ特有の苦労エピソードは無さそうでした…。

関連記事