帯広 出会いパブ レズ 調教

【帯広 出会いパブ レズ 調教】昨日取材拒否したのは、言うなら、以前からステマの契約社員をしていない五人のおじさん!
駆けつけることができたのは出会いパブ、メンズキャバクラで働いているAさん、現役大学生のBさん出会いパブ、自称アーティストのCさん、某タレント事務所に所属したいというDさん、帯広芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「まず先に、着手したキッカケから聞いていきます。Aさんから順にお願いします」

帯広 出会いパブ レズ 調教の鉄則5カ条

A(昼キャバ勤務)「僕は、女心が分からなくて始めたいと思いました」
B(現役大学生)「僕は、稼ぐことが重要ではないと思って辞めましたね」
C(ミュージシャン)「わしは、ジャズシンガーをやっているんですけど、調教まだ始めたばかりなんでそこそこしか稼げないんですよ。食えるようになる為にはささやかな所からこつこつ下積みすべきだと思い、調教こういう経験をして、何よりもまずアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」

帯広 出会いパブ レズ 調教という文章

D(タレント事務所所属)「私はレズ、○○ってタレントプロダクションで作家を育てるべく奮闘しているのですが、一度の舞台で500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(若手芸人)「実を言うとレズ、私もDさんと似たような状況で、調教1回のコントでほんの数百円の貧乏生活してるんです。先輩に教えていただいて、帯広ステマのアルバイトを開始しました」
意外にも、全メンバー中半数以上がタレント事務所に所属中という貧相なメンバーでした…、それなのに話を聞かなくてもわかるように、レズ彼らにはサクラ独自の心労があるようでした…。

関連記事